2018-04

その他の税金

顧問契約書に貼る印紙。契約内容によっては不要なことも

顧問契約。 弁護士、社労士、税理士などがおこなう業務が、その代表例としてあげられるでしょう。 士業などと顧問契約を結ぶ際にかわす契約書、印紙は必要なのか・不要なのか? また、必要な場合はいくらの印紙を貼ればいいのでしょうか?
起業・独立

国民年金の免除申請のやり方。滞納するようなら必ず免除申請をしよう

独立まもないフリーランスや自営業者であれば、売上も少なく、資金繰りも厳しい場合がほとんどでしょう。 まずやるべきは、かかっている経費を見直し、徹底的に削減すること。 条件によっては、国民年金の支払いを一時的にストップさせることもできます。
法人税

経営者ならこれだけは知っておきたい税金用語3種類

「益金、損金」、「損金算入、損金不算入」、「経過する日、経過した日」 この3種類の用語をおさえておくと、会社の税金に関する記事が、より一層理解しやすくなります。
法人の節税

役員にもボーナスを。事前確定届出給与を利用しよう

会社の役員については、原則毎月同額の給与しか支給することはできません。 しかし、前もって税務署に届出をしておくことによって、役員についても賞与を支給することができます。 それが、「事前確定届出給与(じぜんかくていとどけできゅうよ)」という制度になります。