税務顧問とは?

法人・個人事業主を問わず、起業すると確定申告はもちろんのこと、税務署や役所に対し、様々な書類の提出が必要となります。

その事務作業は、かなりの負担になります。

また、それらには必ず提出期限があるため、常に気に掛けている必要もあります。

独立開業前夜の朝焼け

やりたいことに専念できるように

経理・税金まわりの事務負担を軽減し、お客様ができるだけ本業に専念できるようにすること。

そのために、

  • 確定申告書の作成・提出
  • 税務官庁への届出など

を、お客様の代理でおこなうことが、税務顧問である税理士の役目となります。

お客様と顧問税理士の信頼関係が大事

確定申告書は、税金を計算するための書類です。

その確定申告書は、決算書を元に作られます。

そして、その決算書は、日々の経理作業の積み重ねにより、作られます。

決算書とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書等のことです。1年分の利益などを計算する書類です。

こういった書類をお客様に寄り添いながら作っていくため、顧問税理士は、必然的にお客様のビジネスへの理解が深まります。

また、税金というのは、我々の様々な行動に関わってくるものです。

お客様自身についても理解することが必要となるため、信頼関係がとても大切になってきます。

好きなことを続けていくために

このように、お客様に深く関わることから、税務申告代理に加え、経営面その他のアドバイスが可能となります。

日々の経理作業をもとに、お客様の状況・ご希望にあわせたタイミングでの会計資料を提供いたします。

また、予算管理、納税予測、節税対策に関しましても、税務顧問サービスのパッケージに含まれております。

その他、ご質問等は随時メール等にてお受けしております。

もちろん、税務顧問サービスのパッケージ内です。

顧問契約(税務顧問サービス)
顧問契約(税務顧問サービス)
顧問税理士として、継続的にサポートします。 その挑戦に、確かな道筋を。 ひとりで起業した、税金のことがまったくわからない、税金がいくらに…