会社で車を買った場合の経理処理【ざっくり簡単解説】

今回は法人名義で車を購入した場合の経理について、ざっくり簡単解説でみていきます。

Tomika haku

科目は「車両運搬具」だけではない

支払った合計額を「車両運搬具」と会計ソフトに入力すればいいのかというと、それは間違い。

まずは、自動車を購入した際の明細書をお手元に準備しましょう。

 

明細書に記載されている内訳ごとに、それぞれの勘定科目をみていきます。

  • 車両本体価格、付属品・・・「車両運搬具」(消費税は課税)
  • 税金(自動車税、自動車取得税、自動車重量税、印紙税)・・・「租税公課」(消費税は対象外)
  • 自賠責保険料、任意保険料・・・「保険料」(消費税は非課税)
  • OSS申請代行費用などの諸費用・・・・「支払手数料」(消費税は課税)
  • リサイクル資金管理料金・・・・「支払手数料」(消費税は課税)
  • 預かり法定費用(車庫証明、検査・登録・届出、下取車諸手続)・・・「支払手数料」(消費税は非課税)
  • リサイクル預託金・・・「長期前払費用」(消費税は対象外)

 

車両購入後の経理処理あれこれ

「車両運搬具」は減価償却をする資産であり、決算において減価償却をする必要があります。

「定率法(ていりつほう)」という計算方法で、減価償却する金額(「減価償却費」という名の経費)を計算することになります。

 

最後に(「リサイクル預託金」について)

リサイクル預託金の処理は忘れやすいので、補足説明。

リサイクル預託金は、経費になりません。(いずれ車を売ったときに返金されるものなので)

また、資産という性質のもので、ずっと「長期前払費用」として貸借対照表に残ったままになります。減価償却もできません。

 

ちなみに、「リサイクル資金管理料金」については、資産ではなく経費となり、「支払手数料」として会計ソフトに入力します。

 

まとめ

内容 勘定科目 消費税の取り扱い
車両本体価格、付属品 車両運搬具 課税
自動車税、自動車取得税、自動車重量税、印紙税などの税金 租税公課 対象外
自賠責保険料、任意保険料 保険料 非課税
OSS申請代行費用などの諸費用 支払手数料 課税
リサイクル資金管理料金 支払手数料 課税
預かり法定費用(車庫証明、検査・登録・届出、下取車諸手続) 支払手数料 非課税
リサイクル預託金 長期前払費用 対象外

 


 

【編集後記 〜税理士・前川秀和のつぶやき〜 】

車両購入時の明細書が大事です。その1枚に内訳がすべて載っています。

そんなことはないと思いますが、捨てないようにしましょう。

当ブログと個人ブログ、平日毎日どちらかのブログを更新中です。(更新頻度としては個人ブログのほうが圧倒的に高くなっております。個人ブログ:https://www.hmj-blog.com/

 

関連記事

  1. ネットでクレジットカード決済した際の領収書はプリントアウトしなき…
  2. 土地や建物を購入したときの手数料などの取り扱いについて
  3. 商品券の経理処理。仕訳と消費税、その他の注意点について
  4. 会議費 どっちにするのがお得?この飲食店のレシート、交際費?それとも会議…
  5. 「減価償却」についてざっくり解説
  6. 領収書 記帳代行(きちょうだいこう)とは?
  7. 飲食店経営者が自分のお店で接待。その領収書は経費にしてもOK?
PAGE TOP