節税

法人の節税

役員にもボーナスを。事前確定届出給与を利用しよう

会社の役員については、原則毎月同額の給与しか支給することはできません。 しかし、前もって税務署に届出をしておくことによって、役員についても賞与を支給することができます。 それが、「事前確定届出給与(じぜんかくていとどけできゅうよ)」という制度になります。
法人の節税

【まとめ】法人の節税

『法人の節税』に関するまとめページです。
個人の節税

家族に給与を払って節税。専従者給与のメリットと注意点【個人事業主】

まず大前提として、フリーランスや自営業者などの個人事業主は、家族に給与を支払ったとしても、原則それを経費にすることはできません。ただし、青色申告を選択した事業者が「青色事業専従者給与に関する届出書」という書類を提出した場合には、家族への給与を経費にすることができます。
個人の節税

個人事業主の節税パーフェクトガイド:「お金が出ていかない節税」と「お金が出ていく節税」

フリーランス、自営業者など、会社を設立せずに事業をおこなっている個人を「個人事業主」といいます。 さて、個人事業主の節税対策には、どのようなものがあるのでしょうか? 個人事業にかかってくる税金としては、所得税、住民税、消費税など...
個人の節税

フリーランス・個人事業主の節税について

1年も半分を過ぎようとしている頃、それは我々フリーランス・個人事業主が節税のことを考え始める時期でもあります。余裕を持って準備を始めていきましょう。それでは、フリーランス・個人事業主の節税について、考えていきたいと思います。
個人の節税

個人の節税と備え。小規模企業共済【フリーランス・個人事業主】

個人事業主向けの退職金積立制度である「小規模企業共済」。 支払った全額を経費に計上することができ、「所得税」と「住民税」において、節税効果があります。 もちろん、本来の趣旨は退職金積立制度ですので、節税という側面だけでなく、将来...
法人・個人共通

【節税】売上割戻の未払計上ができる

売上割戻(いわゆるリベートのことです)については、税法上、未払計上してもよいことになっています。
個人の節税

個人の節税。セルフメディケーション税制が始まっています(医療費控除の特例)

今年(2017年1月1日)より、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)がスタートしました。このセルフメディケーション税制という名の「医療費控除の特例」においては、1万2千円を超える部分の医療費について控除することができるようになりました。
法人の節税

今すぐできる法人税の節税10項目

節税に関するまとめのページです。すぐにでも取りかかれる法人税の節税について、まとめてみました。
法人・個人共通

決算で行う節税対策。買掛金、未払金、未払費用を計上しよう

事業年度の末日現在、まだ支払っていない仕入代金や経費についても、既に納品されているものや提供を受け終わったサービスなどについては、その事業年度の損金に計上することができます。