法人の節税節税

今すぐできる法人税の節税10項目

スポンサーリンク

 

節税に関するまとめのページです。

すぐにでも取りかかれる法人税の節税について、まとめてみました。

Onthedesk

※この記事は、投稿日時点での法律・状況等に基づき執筆しています。

決算期を変更する

大胆ではありますが、手続き的にはそう難しくありません。

https://www.maekawa-zeirishi.com/changing-the-settlement-date

資本金を減額する

資本金の額が小さい小規模な会社には、税務上の優遇措置が設けられています。

https://www.maekawa-zeirishi.com/review-capital

売上計上のタイミングを遅くする

「売上の計上は遅く、費用の計上は早く」することにより、節税となります。

https://www.maekawa-zeirishi.com/basis-for-recording-sales

費用化できるものを探す(事務所の敷金・保証金の返還不要部分の償却)

損金として計上できるものが眠っているかも知れません。

https://www.maekawa-zeirishi.com/deposit

30万円未満の減価償却資産を購入する

30万円未満の資産であれば、減価償却で数年にわたり経費にしていくことなく、全額今期の損金に計上できます。

https://www.maekawa-zeirishi.com/below-300000yen

固定資産を売却・廃棄する

不要な固定資産を廃棄処分することで、節税になります。

また、固定資産を売却した場合においても、節税になることがあります。

https://www.maekawa-zeirishi.com/disposal-sale

貸倒引当金や貸倒損失を計上する

忘れずに計上しましょう。

https://www.maekawa-zeirishi.com/post-278allowance-for-doubtful-accounts

https://www.maekawa-zeirishi.com/bad-debt-loss

未払金・未払費用を計上する(買掛金、社保、労働保険、その他)

未払の費用はもれなく計上しましょう。

https://www.maekawa-zeirishi.com/accounts-payable

決算賞与を計上する

従業員に決算賞与を支給することも考えてみましょう。

実際の支給は、翌期が始まってから1ヶ月以内でOKです。

https://www.maekawa-zeirishi.com/kessan-shouyo

中小企業倒産防止共済に加入する

国の制度です。

節税対策としても有効です。

https://www.maekawa-zeirishi.com/tousanbou