売上の計上は遅く、費用の計上は早く

法人税や所得税などの利益に対して課される税金については、「売上の計上は遅く、費用の計上は早く」した方が節税になります。売上はできるだ…

中古の車

中古資産の購入が節税につながる?!

例えば、自動車の購入。新車を買うよりも、中古車を買ったほうが節税効果は高いです。なぜなのか?それは、新車よりも中古車の方が減価償却に…

会社をやめたら国民健康保険と国民年金の手続きを

会社をやめて個人事業主になった場合、国民健康保険と国民年金への加入手続きを自分でしなければなりません。(健康保険については、任意継続…

ネットでクレジットカード決済した際の領収書はプリントアウトしなきゃダメ?

Amazonで商品を購入(クレジットカード決済)した場合、納品書や領収書等の書類が入っていないことが多くなりました。領収書が必要な場…

税金の支払いが遅れると罰金がかかる?!

税金の支払いが遅れると罰金がかかる?はい、かかります。(少額の税金を1〜2日遅れた場合など、場合によっては取られないこともあ…

意外と奥が深い印紙税〜契約書編〜

領収書だけでなく、契約書にも貼らなくてはいけない収入印紙。領収書にかかる印紙税についての記事の続編として、今回は契約書にかかる印紙税…

意外と奥が深い印紙税〜領収書編〜

印紙税とは、領収書や契約書に課税される税金のことをいいます。領収書や契約書に収入印紙を貼ることにより、納税します。課税の対象…

設立費用の安い合同会社で本当に大丈夫か?!【会社設立】

「株式会社」、「合名会社」、「合資会社」、「合同会社」会社を設立する場合は、この4種類の中から選択することになります。しかし…

登記する前に決めておくべき9つのこと【会社設立】

会社を設立するには、商業登記が必要です。一度登記した内容を変更する際は、再び登記費用が発生するため、適当に見切り発車することのないよ…

減価償却不要!30万円未満のモノなら全額経費で落とせます

30万円未満のモノであれば、全額経費として計上することができます。(通常は、減価償却で数年に渡り経費として計上します。)(そ…

決算賞与。従業員への賞与が未払計上できます【法人の節税】

「今期は利益が出そうだ」というときの節税対策として、従業員のモチベーションUPにもなる「決算賞与の支給」という選択肢があります。通常…

会社も社長も出張手当で節税。出張旅費規程を作ろう

役員や従業員に「出張手当」を支給すると、「法人」と「役員・従業員」どちらにもメリットがあります。法人にとっては、法人税法上、その支給…

さらに記事を表示する
PAGE TOP